評価スコア
★★★★★★★★★★
慶長元年より続いている伝統の「柿右衛門様式」を当代の十五代にまでしっかり引き継ぎ、重要無形文化財保持団体にも指定されている窯元。日本で初めて赤絵の焼成に成功し、現在も国内外で⾼い評価を得ており、高価査定が期待できる作品が多いです。
茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「桜文壷」「撫子文壷」「三方割苺花文花瓶」「三方割花文花瓶」「枝垂桜文花瓶」など「花瓶・壷」作品は探しているということもあり高価買取をさせて頂きます。特に大きな作品は流通量が少なく、高価査定に繋がりやすいです。
乳白手などといわれる純白の白磁に,赤,青,青緑,黄,紫などの色絵具を用いて花鳥人物文などを描いた「濁手」作品は作家本人が製作された作品ということもあり流通量が少なく評価が高いです。底部にサイン・刻印などが無いのが特徴です。
1:濁手桜花文壷
2:濁手苺文花器
3:濁手桜文皿
シュミレーションから抽出されたスコアは、当社基準による目安をスコア化して表記させて頂いております。 実際の査定額提示を行う為には、その時の相場(需要)や実際の状態、お客様の売却方法などを確認させて頂く必要があります。 誠にお手数ですが査定フォーム、電話(0800-600-7787)、LINEからお気軽にご相談ください。

尚、査定をする前に簡単に相談をしたい場合も、対応させて頂いております。お気軽に御連絡ください。